むし歯

むし歯でお困りではありませんか?

  • 歯が痛い・しみる
  • ものを噛むと痛い
  • 冷たいもの・熱いものがしみる
  • 歯が黒ずんでいる
  • 歯が白濁している
  • 詰め物・被せ物が取れてしまった など

むし歯とは

むし歯とは、むし歯菌が産生する酸によって歯が溶けてしまう病気です。一度むし歯になってしまうと自然に治ることはなく、放っておくとどんどん症状が進行していって、最終的には歯を失うことに繋がる場合もあります。

初期のむし歯なら簡単な治療で改善させることが可能ですが、進行してしまうと大がかりな治療が必要となったり、治療期間が長くなったりする場合がありますので、早期発見・早期治療に努めるようにしましょう。

c1

c1

c2

c2

c3

c3

c4

c4

少ない負担でむし歯を治療します

当院では、できるだけ歯を削らない・抜かない治療を心がけております。歯を削ったり、神経を抜いたりすると、歯の寿命を縮めてしまうことになります。永久歯は抜いてしまうと、二度と生えることはありません。歯を失った時、それを補う方法として入れ歯・ブリッジ、インプラントなどがありますが、やはりどれも天然歯には適わないものです。

患者様の大切な天然歯を守るためにも、できるだけ歯に負担の少ない治療を提供致します。

痛みの少ないむし歯治療

当院ではむし歯を治療する時、できる限り痛みを抑えるように心がけております。そのためにもまずは治療内容を詳しくご説明して、患者様に「今からどんな治療を行うのか」をよくご理解頂くようにしております。どんな治療をされるのかわからない不安な状態では、痛みに敏感になってしまうことがあるからです。

また、痛みの発生を抑える方法として局所麻酔がありますが、麻酔注射時の痛みもできる限り軽減するように努めております。麻酔注射時の痛みを抑える方法として一般的なのは「表面麻酔」や「電動麻酔注射器」の使用ですが、それ以外にも当院では「痛みを感じにくい部位を見極めて注射する」「痛みを感じにくいタイミングで注射する」など、ドクターの工夫・テクニックによっても痛みを抑えるようにしております。

表面麻酔

麻酔針が刺さる時の「チクッ」とした痛みを軽減するために、注射する部位に「表面麻酔」を塗って痛みの発生を抑えます。

電動麻酔注射器

麻酔液の注入スピードが一定でないと痛みを感じやすいとされています。なので、コンピュータ制御により一定のスピードで麻酔液が注入できる「電動麻酔注射器」を使って、痛みの発生を抑えます。

痛みを感じにくい部位に注射

患者様お一人おひとりのお口の中の状態をよく確認した上で、痛みを感じにくい部位を見極めて、そこに注射するようにしています。

痛みを感じにくいタイミングで注射

患者様が注射に対して身構えてしまい不安が強い状態だと、痛みに敏感になってしまう場合があります。なので、お話ししながら痛みを感じにくいタイミングを見計らって、注射するようにしています。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯でお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください

  • contact_img04.png
  • お気軽にお問い合わせ下さい 072-757-5229