マタニティ歯科

 妊娠中のお口の健康にご注意下さい

妊娠中はホルモンバランスの変化により、唾液の分泌量が減少したり、歯周病菌が増殖したりして、お口の中が様々なリスクにさらされることになります。特に妊娠中の歯周病は早産・低体重児出産のリスクを高めるとされていますので、当院のマタニティ歯科でお口の中を健康な状態にし、安心・安全に出産を迎えられるようにしましょう。

妊娠性歯周炎

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増加して、歯周病菌を促進するとされています。そのため、妊娠中は普段よりも歯周病(妊娠性歯周炎)にかかりやすくなります。妊娠性歯周炎は、早産・低体重児出産のリスクを高め、油断すると出産後に本格的な歯周病に移行する場合もありますので、注意が必要です。

妊娠中のむし歯

妊娠中はつわりなどの影響でお口の中が酸性に傾いて、むし歯になりやすい環境となります。また、ホルモンバランスの変化により唾液の分泌量が減少するので、お口の中で細菌が増殖してむし歯にかかりやすくなります。さらに、つわりの影響できちんとブラッシングできない場合もあることからも、むし歯リスクは高まってしまいます。

 

マイナス1歳からのむし歯予防

お子様の歯をむし歯から守るためには、出産前からのむし歯予防「マイナス1歳からの予防」が大切です。生まれたばかりの赤ちゃんのお口にはむし歯菌は存在しませんが、お母様やまわりのご家族のお口にむし歯菌が多いと、生まれて来たお子様にも感染して、むし歯になりやすい子になってしまう場合があります。

出産前からお母様やまわりのご家族のお口の中を清潔な状態にしておき、むし歯菌への感染リスクが少ない状態で、安心して赤ちゃんを迎えるようにしましょう。

 

妊娠中のブラッシングについて

妊婦様からよく、「つわりがひどくて歯が磨けない」というご相談を受けることがあります。妊娠中のお口の中は様々な病気リスクにさらされて、これまで以上に念入りなケアが必要です。「つわりのせいでケアできない」という方も一度お気軽に当院までご相談下さい。患者様のお体やお口の中の状態を詳しく診た上で、歯ブラシの選び方や磨き方などをアドバイスさせて頂きます。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯でお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください

  • contact_img04.png
  • お気軽にお問い合わせ下さい 072-757-5229