歯周病

歯周病でお困りではありませんか?

  • 歯茎が赤く腫れている
  • ブラッシングすると歯茎から出血する
  • 歯と歯の隙間が広くなった
  • 歯茎を押すと膿が出る
  • 歯がグラグラと動く
  • 硬いものがしっかりと噛めない
  • 歯が長くなった気がする(歯茎が下がっている)
  • 口の中がネバネバする
  • 口臭がする など

歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌に感染することで歯茎が腫れたり、歯茎から出血したりする病気です。初期にはほとんど症状が現れないという特徴がありますので、こうした症状に気づいた時にはすでに進行してしまっている恐れがあります。歯周病が進行すると「歯槽骨」と呼ばれる歯を支える骨が溶けて、最終的に歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病は早期発見・早期治療が肝心ですので、気になる症状がある時にはできるだけ早く当院までご相談下さい。

歯周病は全身とも関係しています

歯周病は大切な歯を失うことに繋がる病気ですが、それだけではありません。全身の健康にも様々な悪影響を及ぼすことがわかっています。

糖尿病

歯周病と糖尿病は深い関連があり、互いに症状の悪化を誘発することがわかっています。糖尿病の方は歯周病になりやすいので注意が必要です。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

誤嚥性肺炎とは、生理的機能が衰え、唾液中に含まれる細菌が、唾液や食べ物を飲み込んた時に、誤って肺に入り、肺炎を起こすことを指します。この誤嚥性肺炎は歯周病の原因になることが多く、特に、食物の飲み込みを上手に行えない人(高齢、認知症、脳血管障害、手術後など)は、注意が必要です。

心疾患

心疾患は、生活習慣病の一つで、食生活、運動、ストレスなどの積み重ねが引き起こします。 心疾患を発症するリスクは、歯周病のある人が、ない人と比較して高いことが報告されています。 また、歯周病の進行が悪いほど、心疾患の発症リスクが高くなるとも言われています。これは、歯周病に引き起こされる炎症性物質が心臓血管にも影響するためと考えられています。

早産・低体重児出産

妊娠中に歯周病にかかると、早産・低体重児出産のリスクが高くなるとされています。喫煙や飲酒よりもリスクが高いので注意が必要です。

歯周病を予防することが大切です

歯科医院での定期メンテナンス

歯周病は初期には自覚症状がほとんど現れませんので、早期発見・早期治療のためには歯科医院で定期メンテナンスを受けることが大切です。3ヶ月に1回程度のペースでメンテナンスを受けて頂ければ、進行する前に歯周病を発見して、早期に適切な治療を受けることが可能となります。

ご自宅でのブラッシング

歯周病を予防するためには、歯科医院での定期メンテナンスだけでなく、ブラッシングなどのご自宅でのケアも大切です。当クリニックでは患者様へのブラッシング指導(TBI)に力を入れて取り組んでおります。

お一人おひとりのお口の中の状態を詳しく確認した上で、「どうして歯周病になるのか?」「どの部分に磨き残しが多いのか?」などをご説明した後、歯科衛生士が中心となって正しい歯の磨き方や歯ブラシの選び方、歯間ブラシやデンタルフロスといった清掃補助用具の使い方などを丁寧に指導させて頂きます。

「歯科医院での定期メンテナンス」と「ご自宅での適切なケア」が両立して、初めて効果的に歯を歯周病から守ることができるようになります。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯でお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください

  • contact_img04.png
  • お気軽にお問い合わせ下さい 072-757-5229