入れ歯・ブリッジ

歯を失ったときの治療法とは?

病気や事故などで歯を失ってしまった時の選択肢には、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。それぞれの治療方法にメリット・デメリットがありますので、お一人おひとりのお口の状態やご希望などに応じて最適な方法を提案させて頂きます。

入れ歯とは

1本または数本の歯を失った時に使用する「部分入れ歯」や、歯を全部失った時に使用する「総入れ歯」があります。また、保険適用のものと自費診療のものとがありますが、装着感や噛み心地、審美性などを重視されるのであれば自費の入れ歯がおすすめです。入れ歯は取り外して使用する装置となります。

入れ歯のメリット

  • 健全な歯をほとんど削らなくてすむ
  • 様々な症例に対応することができる
  • 保険が適用されるので、費用が抑えられる

入れ歯のデメリット

  • 異物感を感じやすい
  • 固い食べ物に苦労する場合がある
  • 見た目が良くない場合がある

入れ歯の作製は当院へお任せ下さい

当院には院内技工所がございますので、患者様のご要望をより反映させた最適な入れ歯・ブリッジをご提供することが可能です。

噛み合わせやフィット感、見た目の美しさなど、お一人おひとりのご希望に応じた「良く噛める入れ歯」を提供致します。現在ご使用中の入れ歯の修理にも自信がありますので、入れ歯が壊れて「噛めない」「すぐに外れる」「違和感がある」などのことでお悩みでしたら、是非一度お気軽にご相談下さい。

取り扱う入れ歯の種類

保険適用の入れ歯

プラスチックの床部分と金属のバネで作成する一般的な入れ歯です。保険が適用されるために費用を抑えることができますが、バネが目立つなど見た目が良くない場合があります。

ノンクラスプデンチャー

金属バネを使用しない、審美性の高い入れ歯です。見た目だけでなく、フィット感も優れているので快適にお使い頂けます。入れ歯装着時の見た目が気になる方はおすすめです。

金属床入れ歯

入れ歯の床部分に金属を使用した入れ歯です。薄く作製できるので装着時の違和感が少なく、熱伝導に優れているので食事の温度差を自然に感じることができます。

ブリッジとは

歯を失った部分の両隣の歯を削り、それを支えとして人工歯を装着させる方法です。入れ歯とは違い、取り外しではなく固定式で金属バネがないので、入れ歯よりも装着時の異物感が少なく、見た目も自然です。その反面、両隣の健康な歯を削らなければならないのが欠点です。
被せ物の種類によって保険適用と自費診療に分かれます。

ブリッジのメリット

  • 保険が適用されるので、費用が抑えられる
  • 入れ歯よりも噛み心地が良い
  • クラスプ(金属のバネ)がないので、入れ歯よりも見た目が自然

ブリッジのデメリット

  • 両隣の歯を削らないといけない
  • 保険診療の場合、部位によっては銀歯になる

ご予約・ご相談はお気軽に

歯でお悩みの方は当院へお気軽にご相談ください

  • contact_img04.png
  • お気軽にお問い合わせ下さい 072-757-5229